reborn_labのblog

美腸快腸セラピスト山本久美子の腸に関するブログです。 「腸を中心に自分と家族の美と健康は自分たちで守る」をコンセプトに活動してます。様々な方面から美容と腸に関する事を伝えていきます。 、

美腸快腸セラピスト山本久美子の腸に関するブログです。
「腸を中心に自分と家族の美と健康は自分たちで守る」をコンセプトに活動してます。様々な方面から腸に関する事を伝えていきます。

12月7日8日 日本統合医療学会が開催します。

美腸快腸プログラムは、

「排便困難者を対象とした運動とメンタルケアによる非薬物療法プログラムの有効性」

として藤岡医院副院長中原和之先生が演目発表されます。

IMG_9952
藤岡医院と私を繋げて下さった越名さんに感謝します。

そして温かく見守ってくださったマダムこと藤岡典代さんのお冥福を心よりお祈り申し上げます。

IMG_9959
この10年間「便秘解消」の為、様々な方面での学びと研究を重ねてきました。

そんな中で解ってきたことは

身体と心とスピリットは一致するということ。

そのバランスで生命が繋がれていること

 マダムは、患者さんのがんケアのカウンセラーとして多くの命と向かい合ってこられました。
 お会いする度に、様々なことを学ばせていただきました。

藤岡医院のウェルネスカフェで「美腸快腸ストレッチ」の打合せで初めてお会いしましたが、

マダムの周りにあたたかな光が纏わっているような不思議な存在感に目を奪われました。

本当に美しい人って発光するんだぁと一目惚れでした。

お会いする機会は頻繁ではないもののマダムの生き方、考え方、思考、過ごし方等、勝手にさぐりを入れておりましたw


いつかの瞑想会で、『この世は「」の一言に尽きる』とおっしゃってました。

私は、まだ「愛」の境地には辿りついていないようです。

いつか愛があふれ出すようなマダムから学んだことを繋いでいこうとおもいます。


IMG_9733
今回の統合医療学会のテーマは

ー敬天愛人ー
霊性を育み、自然治癒力、自己成長力を高める全人的ヘルスケアプロモーション

これも難解なテーマですが、心身一如を証明する発表の場と勝手に理解してます。

当日券も発行されるようです。

ご興味のある方は、鹿児島へお運びくださいませ。

IMG_9956


今日は、痔のお話です 。

便秘や下痢、冷えやお産等をきっかけに痔の症状が現れやすくなります。

痔の代表的な種類は、3種類

痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(あな痔)

痔核はさらに内痔核外痔核に分けられます。

詳しくはこちら

IMG_9632


先日、高齢の母の検査から手術まで付き添いました。

前回の記事はこちら
 
まず3種類検査しました。

1・肛門内圧検査
   先端にセンサーのついた細い管をおしりの中に入れ、肛門の締りを測ります。

2・直腸感覚検査
  直腸内に入れた風船を膨らませて、どのくらいで排便したいかを測定します。

3・排便造影検査
  バリウムを入れ、排便時に出る痔は、腸管壁なのか直腸脱なのかを見つけます。


検査が終わって担当医師から
「思ってた程(直腸脱ではなかった)、重度ではないです。運動を諦めずにやりましょう。

はぁ?・・・

初診時には、正反対の事言ってましたよね?

前回のコメントはこちら


IMG_9153
(午後からの手術前に韓流ドラマを見る母)

そして
「手術を希望されるなら、落ちてる粘膜を注射で持ち上げる体に負担の少ない方法にしましょう。」

の医師の説明で、母は手術を決めました。

永久的な治療ではないものの肛門を切らずにすむ方法って有難いですね。

私のイメージでは、「下垂してる粘膜をなんかしらノリかボンドみたいな薬剤を注射して固定する。」
と理解してましたが違ってました。

手術当日に、手術担当の別の医師から改めて
「粘膜を傷つけ炎症を起こさせ自己治癒力で粘膜を固める治療」
と説明がありました。

母が行った治療は、

【注射療法/ALTA注(ジオン注)】


いぼ痔の治療法はコチラ

後でネット検索して理解を深めましたw


IMG_9149


(術後、韓流ドラマを見続ける母)


母は、入院一泊のみで、手術翌日朝10時には退院でした。

IMG_9160
(荷物整理も自分でする元気な母。家に帰ってもひたすら韓流ドラマを見てましたw)

手術して2週間後の様子も排便はスムーズで結果は良好らしいです。


ここ半年、好きな旅行も躊躇するくらい「便もれ」に悩んでましたが、
来週は、沖縄で高齢者に運動指導している姉の元に合宿に行くまでに好転しました。

痔で悩まれてる方は、恥ずかしがらずに一度受診されることをお勧めします。

正し、事前に自分の症状や自分に合った治療法は、どんなものが有るのか?

事前に自分で調べて、医療との付き合い方を自分でジャッジする

忙しい医療現場で自分が理解するまで十分な説明を仰ぐのは、時間に無理がありました。

医療の知識を大雑把にでも入れておく事が、とても大切だと母に付き添って感じました。

そして日頃から自己治癒力を高める事の大切さも改めて感じましたよー♪


5
嬉しいご報告です。

数年に渡り、藤岡医院の消化器内科中原和之先生と共に「美腸快腸プログラム」のモニタリングを実施しておりましたが、

この度

12月の統合医療学会で中原先生が演題発表
されます。

演題名は、
「排便困難者を対象とした運動とメンタルケアによる非薬物療法プログラム(美腸快腸プログラム)の有用性」
です。

100歳まで自力で排便を目指す為のプログラムをコツコツとやってきた1つの結果発表となります。

統合医療とは コチラ


IMG_4106



モニタリングに参加いただいた方々、美腸快腸プログラム、美腸快腸ストレッチにご参加の皆様のご協力、誠にありがとうございます。

中原先生はじめ、藤岡医院の皆様も時間配分などでご苦労をお掛け致しました。

本当に感謝申し上げます。



ウンチって出したら流すもの。

便秘も下痢も主観(本人のみが解る症状や感覚)では、

「いつも残便感がある」

「いつ便意が襲うか解らないからトイレから離れられない」

「気持ちよく排便出来た。」

「お腹がスッキリしている」

とはっきり体感しているのにウンチは残ってないので客観性が表せませんでした。

そこで大腸の形態をレントゲン撮影や100項目近いカウセリングをすることで客観視することを試みました。

長年の排便困難の方の腸形態は、、、

下垂している

便が、大腸全てに詰まっている

コロコロ固い便が、大腸の半分にたっぷり詰まっている

横行結腸が一回転している

細く平らになっている

腸の蛇腹の間隔が広がっている
 
等々

本当に様々でした。


IMG_4109


そんな排便困難者が、運動とメンタルケアのプログラムでどう変化していったのか。


排便をお薬でコントールされてる方も、長年の服用で効果が出にくくなります。

薬が効きにくくなる理由の1つは、自律神経のアンバランスです。

自律神経を整え自己治癒力を高める事を目指したこのプログラムは、


25年間便秘の方が自力排便に成功したり

24日も出てない便が実施した夕方に排便できたりしてます。

そんなプログラムについて消化器内科中原先生が、見解を発表されます。


気になる方は、どうぞ統合医療学会にお運び下さいませ♪

日本統合医療学会はコチラ

2日間鹿児島で開催されるこの学会は、興味津々な内容ばかり。

同日には、私のセラピーの骨格でもある「ボディートーク療法」の有効性を北海道の青柳CBPが、発表されます。

統合医療学会では、身体と心の不調を西洋医学と寄り添いながら様々な分野も取り入れ、有効性の見解発表をしていく場です。

演題を覗くだけでワクワクしますね。


全ては、人々の健康と幸せのために♪


IMG_4317





このページのトップヘ