中日新聞に「KUMAMOTO潤馬化粧養油」掲載されました。
東海地方、中部地方の皆様 ご一読下さいませ♪

熊本では、馬油は家庭に常備されています。
擦り傷、アカギレ、火傷した場合の常備薬として使ってました。
肌の乾燥が酷い時に身体のスキンケアとしても活躍してます。
ですが、ベタつきと独特の香りでお顔に塗布するのは、躊躇われます。


潤馬オイルは、熊本産の馬油を100工程の精製を重ねて誕生しました。
しかも人の皮脂成分の99%割合が一致しているのです!

ちなみに人の皮脂成分
パルミチン酸
ステアリン酸
ミリストレイン酸
パルミトレイン酸
オレイン酸
リノール酸
α―リノレン酸
これらの割合が、ほぼ同じ!
48C98596-C410-43A9-B4C9-DBE77B4A3304

私は、今までアロマトリートメントのキャリアオイルとして植物性オイルを使用してただけに動物性オイルを使用する事に抵抗が有りました。
ですが、使用してみて驚きました‼️
ベタつかない!
浸透力がすごい!
肌が柔らかくなる!
乾燥しない!
安定してる!
軽い!
におわない!
ずっと潤う!


人の皮脂と同成分という事ってこういうことなのね♪と実感します。
植物性と動物性オイルの違いって例えるならは、オイルヒーターと石油ストーブ位違います。
「暖める」というのを「潤い」「乾燥させない」に変えて例えてみます。
オイルヒーターは、体に優しくお部屋をやんわりと暖めてくれます。
石油ストーブは、寒い寒い日にお部屋を一気にガンガン暖めてくれます。
極寒での頼もしさは、火を使ったストーブが圧倒的ですね。
肌の乾燥には、動物性オイルの頼もしさは圧倒的です。

もうしばらく続く冬の乾燥注意報に肌のレスキューに馬油を再認識してみませんか?

私のサロンkurukuruでも取り扱っております。
お問合せ下さいませ♪

info@reborn-lab.com