美正郁美講師によるオーラソーマの光のシャワーをふんだんに浴びた3日間を過ごしました。

私のサロンKURUKURUにカラーがいっぱい♪

IMG_6536

11月のゲートが開く日に行ったオーラソーマと数秘。
私のボトルは、ソフィアだったかな?
メッセージは
自分が憧れて見ていた世界ではなくて自分の足元に潜った先に大切な宝物が眠っている

私の見解です。
間違ってるかもしれませんw

 きっと内観した先に大切な「気づき」の宝物が星のように眠っているのでしょう。

せっかちな私は、
星のように沢山ある「思考」「拘り」「仮面」「思い込み」とかを一気に剥がしてくれないかな~と郁美先生に呟いた所、このコースを開催してくれましたw

平成最期の滑り込みセーフ!

おかげ様で新たな身軽な私で「令和」に勧めます!

IMG_6557


私は、自分をみつめる作業をしています♪

ボディートーク

マインドフルネス

臨床瞑想法

感情解放テクニック

ノートでの設定変更

トイレ掃除w



様々な方々の出会いと学びのおかげ様で私の中の思考や拘りを手放す作業がルーティンになってます。

今回のこのエッセンシャルズプレゼンターコースは、グループワーク。

郁美先生の誘導の元
優しいピースフルにマインドをセットしていきます。

「思考」や「好み」を手放し

「Color is calling me」

「私を呼ぶボトルはどれ?」
を探します♪

IMG_6537

カラーを思考なしで直感的に選ぶ事は、余り無かったことです。

私にとってすごく難しい作業でした。


パーソナルカラリストとして「色」が与える「印象」を味方に付けてきました。

それを一旦横に置いて色を選ぶ。

コントラストやハーモニーが合っている等と一切考えずに

ただ五感を研ぎ澄ませて

「呼んでるカラーを選ぶ」


そうして選んだボトルは、私の姿。

IMG_6548


「こんなラー油の色はやだ~」

「ぎらつく色は、嫌なのに気になる~」

「ああ~好みじゃないのにこの色が呼んでる」

選んだボトルをわいわいがやがやと好き勝手に感想を述べていきましたw

グループでどんな自分でも受け入れていく作業。


 今回、私の大きな「気づき」が有りました。


「何者かになろうとして常に自分でずっと山を作ってきた癖がある」

・・・

ん?

それが何か問題でも?


私は、常に「なりたい自分」になる為に夢や目標を掲げて挑戦している。


目標や夢に向かって進むのはいい経験になるし挑戦する事は素敵な事。
やり遂げた後の「達成感」が自己肯定感につながる。


この部分にほんの少しの疑いも無かった。

皆もそうだと思ってたし、のほほんと過ごしてる人は、「夢や目標、なりたい事がまだ見つかってない人なんだ。」と勝手に思い込んでたのです。

なのになのに!

この日の参加のお一人が、

「私は、真逆で、出来るだけ「楽できるか」を考えて生活してました。今までそれで困った事は無いです。」


・・・

なんだと~~~~!

この方は、有難い事に20年近く私のサロンに来て下さってて割と深い話もしてたのにこの価値観のギャップは、初めてでしたw

改めて彼女を見てみると

大変な事がそれなりに有ったけど、困ってなさそうw

しかもエネルギーのエコをやってる!

そして常にマイペースw


私は、目標とする山を登りきった後、またその山より大きな山を作る。
達成した」という喜びは、親から褒めて貰いたい「承認欲求」なんだと気づいてしまいました。

親も常に「山をつくる派」なので本当、疑いもなくボコボコ山作りまくりでしたw


郁美先生から「それじゃあ 疲れない?」と問われて我に返った感じがしました。

「何者にならなくても私は、私でいい」

はああ~なんて楽なんでしょう!

何かになる事が、自信につながる」と思い込んでいたものが剥がれると楽楽

 ビジネスでは、ニッチな場所取りで常に他と比較し自分の立ち位置って何?

を突きつけられ常に「足りない自分」を自覚して次々と山を作りまくってました。

でも頑張る自分が好きだった。
そうでないと今の自分も構成出来なかったから。

だけど
何者でもない私も許す。

そして、

私でしかやってこれなかった体験や経験は、オンリーワン

この私で令和を生きて行こう♪


IMG_6616

点と点が繋がり線になる「至福」の色はオレンジだそう♪


全てが繋がっていく至福に包まれた講座でした。


IMG_6554

 ボディートーカーでもある美正郁美先生のオーラソーマは、どこまでも優しく思考を壊してくれる本音のレクチャーでした♪

感謝です♪

もしオーラソーマに興味がある方は、お知らせ下さい♪

数人集まれば、山口在住の郁美先生を呼べるイベントを立ち上げますよ♪


FullSizeRender