男女共同参画inパレア講演会
個性を生かした男女共同参画
 ~男女の強みを生かしあって楽しく幸せになろう~

勝間 和代氏の講演会を拝聴しました。

経済評論家ですごい才女。

公表されてますが、LGBT(性的マイノリティー)でADHD。

そんな勝間氏の講演でどんなお話をされるのかワクワクでした。

IMG_8898


20年前に勝間氏発信の女性の活躍応援「ムギ畑」の活動者に彼女の著書「インディーで行こう」を紹介されました。

それから夢中で彼女のビジネス書を読みあさりましたw

女性であることを謳歌してインディペンデントな生き方しよう!と女性起業の自己啓発本は、共感したり勇気づけられました。

しかし、
勝間氏は、慶応大学卒業で19歳で会計士の試験合格。

それにマッキンゼー、JPモルガン等の勤務と華々しい経歴に圧倒され

「私とは違う世界だなぁ~」と次第に距離を置くようになりました。

30代の私は、同じ歳で同じシングルマザーの勝間氏から「学び」より「劣等感」が刺激されてしまったんですね。

講演を拝聴して反省しましたw


勝間氏は、「女性」であることや「椅子に座れない性質」の不利を戦略的に考え抜いたという。


1.体力的に「男性」より「女性」は、20%弱い。

2.社会も女性の管理職が圧倒的に少なく賃金も少ない。


そんな社会で闘う為に「学歴」を手に入れた。

けれど「学歴」だけじゃ「女性」が不利になる社会に足りないので「会計士」の肩書を手に入れ2つの武器で世に出た。

自立して社会に出ていく覚悟と戦略が、この経歴の差なんですね。

あわよくば、男性の経済力に守られて生きたいとどこかで思う女性や私との差は明確ですねw



勝間氏は、ジェンダーギャップ111位の後進国、日本に甘じる女性意識の低さにも警鐘をならす。

男女差別は、直接ではなく間接的な差別で社会を取り囲んでいる事に気づくことが大事。


男性脳と女性脳の得意分野が違う。

医学部の大学受験は、男性脳の理数系が有利になってしまう。


政治の議席でも女性議員席を確保する制作がある。

だが、議席数を増やさず差を無くすなんて現職の議員が立ち退くはずがない。

(インドの政治では、議席数を増やし女性議員を増やしたそう)



人の成功のカギは、IQでもEQでもなく「GRIT」。

GRIT」とは、

やり抜く粘り強さ


人の様々な「違い」を認め競争するのではなく「強み」を活かし合う社会にしたいと願っていらっしゃいました。


男女差別が、当たり前な社会だと不感症にならず、差に気づき変わっていく事、訴えをやり続ける事が、幸せに繋がると教えて頂きました。







勝間氏の著書「勝間式 超 ロジカル家事
では、AI家電に家事を任せて無駄をなくしましょうとあります。

家事の当たり前を疑う。

私も洗濯物の干し方を参考にしてます。

靴下や肌着はネットに広げたまま乾かす。

服はハンガーに干して乾いたらそのままクローゼットにかける。

洗濯の干す作業と畳む作業が、めちゃ時短できてますw

IMG_8903


掃除は、ほうき掃除が心を整えるルーティンになっているのでルンバとかのAIにまだお任せする気には、なってないですw



男女共同共同参画の講演は、何度か参加してますが、男性の参加が多くなっていて嬉しくなりました。


 幸せな世の中にもっとなるようにねばり強く努力していきましょう♪