ワタクシ山本 久美子は、妖快術師という別名を持ってます(なんと商標登録済みw)
大切な方と手と手の温もりを感じて欲しい。お手当の治癒力を知って優しい時間を過ごしていただきたいとの想いから家族の為のセラピー教本「恩返し妖快術」を1年と少し前に作りました♪
 普段は、恥ずかしくて触れられない方同士でも「妖快の術を習ったからやってみようか?」なんて触れ合うきっかけになれたら幸いです。
IMG_2584

 
今回は、熊本市東部ブロックの園の会長や園長、主任の先生方の研修会として「腸女の腸研ぎの術」「コナキジジイのとりつきの術」を伝授させていただきました。

164C0488-5F05-4FC7-9FFC-47B390B29E1A

腸女の腸研ぎの術
とは、便通を促す為のお腹のトリートメントやストレッチです。
保育園でも子どもさんの便秘は、近頃多くなっていて、赤ちゃんでも出ないウンチにお母様が悩まれてるそうです。
 子供は、便意があっても遊びを優先してしまいがち。直腸にウンチをためた時間が長すぎて固くなったり脳の排泄を促す神経伝達が伝わりにくい直腸型の便秘が多いようです。

便秘の種類や原因。便通を促す為のストレッチやマッサージケア等をお伝えしました。
講座中に積極的にご質問が飛び交いまして非常に盛り上がりましたw
cho02

後半は「コナキじじいのとりつきの術」
この術はタッチセラピーです。今回の講座の打合せ際に是非やって欲しいとのご要望でした。

手のひらには、遠赤外線が出て人肌に触れると共鳴しあい暖かくなります。また鎮痛作用のβ―エンドルフィンの濃度も高まります。量子学的エネルギーとみても振動しているのでお互いに共鳴しあいます。
痛点より皮膚の触覚では、触覚の神経の伝わる速度が速い為、手で痛いところを触ると痛みが和らぎます。

先日テレビで放送されてましたが、痛みの最小感知電流㎂37.6が手を当てると9.5に軽減する実験が有りました。手を当てると1/4に痛みが緩和するなんて凄いハンドパワーですよね!
IMG_4354

実際に体験していただきました。
ペアになり手と手をにぎり合う。背中に手を当てる。ただそれだけで温かさや安心感を感じる時間となりました。
 大切な存在の方に「寄り添う」という優しい時間を過ごす。そんなセラピーが妖快術です。

どうぞ身近な方にしてあげてみて下さい。きっとしてあげた方も温かな気持ちになりますよ♪

妖快術は、お陰様で好評でその場で園での開催を希望下さいました。
子ども達同士や親子でお手当てのお互いをいたわる優しいひとときを過ごせますように♪

妖快術師は、お呼び下されば、何処へでもはせ参じます♪

今回の大きな研修会にご縁をいただいて本当に感謝致します。

konaki02